COMPANY

株式会社 ファスサンファール / FACE SANS FARD CO.,LTD

創設 / Establishment date

1979年6月1日

June 1,1979

代表者 / Representative

荒井 忠文

Tadafumi Arai

本社 / Headquarters

〒108-0072 東京都港区白金1丁目1番地9号

Google map

1-1-9 Shirokane,Minato-ku,Tokyo 108-0072

事業内容 /Business description

1、高級婦人服の販売業務

2、ファッション関連商品・雑貨類の輸出入及び販売業務

3、1,2に付帯する一切の業務

1.Sales of high class women's apparel

2.Import and sales of fashion related products and miscellaneous goods

3.All business activities related to 1 and 2 above

株式会社 ファスサンファールデザインハウス /FACE SANS FARD DESIGN HOUSE CO.,LTD

創設 / Establishment date

1981年12月1日

December 1,1981

代表者 / Representative

荒井 忠文

Tadafumi Arai

本社 / Headquarters

〒108-0072 東京都港区白金1丁目1番地9号

Google map

1-1-9 Shirokane,Minato-ku,Tokyo 108-0072

事業内容 /Business description

1、高級婦人服の企画・製造業務

2、1に付帯する一切の業務

1.Planning and production of high class women's apparel

2.All business activities related to 1 above

PHILOSOPHY

ファスサンファールはアパレルメーカーとして、顧客の生活シーンに対して、常に新鮮かつ、最高の価値を提案し変化する顧客の要求を満足させることが、企業として大きな役割の一つであると考えています。

As an creator of apparel, Face Sans Fard feels that consistently providing new designs and high value for various lifestyle venues and satisfying diversifying customer need is an important role for our company.

また、社員にとっても、共通の目標に向かい、共に働く楽しさ、生きがい、そして、潤いをもたらすことが、ファスサンファールのもう一つの企業としての大きな役割であると考えています。

Also, Face Sans Fard feels that creating an environment where the employees work towards a unified goal and enjoy the fun and exciting motivation of working together, where the company enriches each employee's life, is the other important role of our company.

この役割を果たすために、会社が永続、成長し続けることが、非常に重要であると考えています。 そのために、ファスサンファールは、あえて型にとらわれない、自由に考え、創り出し、行動のできる理想的な会社、そして、調和のとれた環境を築いてゆくことを、常に目指しています。

In order to fulfill this role, we feel it is vital that the company itself continues to exist and grow. To facilitate this, Face Sans Fard aims to be the ideal company that is not limited by tradition, that can think, create, and act freely, and that constantly creates an environment of harmony.

理想的な環境を、自らが創りだし、時代の変化に対しても、自由自在に対応してゆく中で、理解し合い、信頼し合える人の集合体として、共通の目標に向かってゆきたいと考えています。

We want to work towards a unified goal as a group of people who can build our own ideal environment and who can, while responding freely to the changes of the times, understand each other and trust each other.

私たちが、満足してほしい顧客の要求は、常に大きく変化していきます。そこで、ファスサンファールから発信する提案に、より一層の創造性が必要になっていることは、言うまでもありません。また、この要求に効率的に対応する上で、ファスサンファールの企業としての形態についても、同様に、自由な創造の欲求が、重要であると考えています。

The customer needs that must be satisfied are constantly changing. This means, of course, that a high level of creativity is required in the ideas proposed by Face Sans Fard. Also, for an efficient response to these needs, Face Sans Fard feels that unbound creativity in terms of business operation is also vital.

このことから、ファスサンファールは、すべての仕事について、自由に考え、自由に提案し、自由に創りだす行動を、ファスサンファールらしく、繰り返し実行することが、原点であると考えています。

Face Sans Fard feels that to facilitate this, repeatedly implementing free creativity in thought, proposals, and creating in the Face Sans Fard style for all jobs is the source of strength.